FC2ブログ
糖度が高い甘口や極甘口のワインはデザートワインと呼ばれ食後や食前酒として飲まれます。 これら、デザートワインでも特に貴腐菌が付いた葡萄を使って作られるワインを貴腐ワインといいます。 また、凍った葡萄を使って作るをアイスワインといいます。これらのワインは糖度が高くとても甘い、極甘口ワインとなります。

デザートワインの産地としてはドイツやフランスのソーテルヌ地方が特に有名です。このサイトではこれら甘口ワインを中心に紹介しています。

貴腐ワイン

貴腐ワインとは腐敗してしまったように見える干しぶどう状態の非常に糖度の高いブドウから造られる最高級の極甘口ワインです。
貴腐ワインはドイツやフランスのソーテルヌ地方、ハンガリーのトカイ(これらの地方で作られる貴腐ワインは世界三大貴腐ワインと呼ばれる。)などの限られた地方でしか作ることが出来ない貴重なデザートワインです。
特にフランスのソーテルヌ地方で作られる貴腐ワインは最高とされています(一番有名な貴腐ワインがシャトーディケム)。
貴腐ワインについて詳しくは→貴腐ワイン

ドイツワイン

ドイツワインは甘口ワインが多いとして有名です。特にトロッケンベーレンアウスレーゼと呼ばれる格付けのワインは世界三大貴腐ワインとしても有名です。ドイツのワインは葡萄の収穫時期により格付けが決まります(詳しくはドイツワインの格付けへ)。また、甘口ワインの種類も豊富で黒猫で有名な「ツェラー シュヴァルツェ・カッツ」などは500円台から手に入れることが出来、日常的にデザートワイン、甘口ワインを楽しむには最適です。また、アイスワインの産地としてもドイツは有名です。

フランスワイン(ソーテルヌ地区)

フランス・ソーテルヌ地区のワインは甘口のデザートワインとして知られており、その産地は世界三大貴腐ワインの産地としても有名です。特に有名なワインとしてはソーテルヌ特別一級のシャトー・ディケムをはじめとする一級のシャトー・リューセック、シャトー・ギロー、シャトー・ラ・トゥール・ブランシュなどがあります。 高い貴腐ワイン、デザートワインでは何万としますが、安いものでは千円台からも買えます。

デザートワインといわれるような甘口、極甘口ワイン、貴腐ワインを飲んだことがありますか? 中には蜜のように甘いワインもあり一度飲んだら絶対そのとりこになります。ぜひ試して見てください。デザートワインはマイナーな部類なので贈り物としてもオシャレですよ?

貴腐ワインを検索



ウェブでワイン管理」のサービスにより表示されています。
よろしかったら使ってみてください。


個人的ブックマーク


管理人が今後買う予定(買おうかな~)と思っているワイン。そのための個人的ブックマークです。

375ml シャトー・ド・ファルグ [2003] ソーテルヌ
 ・イケムそっくりでイケムの価格よりも数段安い人気の高い貴腐ワイン

ウーデンハイマー・キルヒベルク・カベルネ・ソーヴィニオン/アイスヴァイン[2004]
ウーデンハイマー・キルヒベルクカベルネ・ソーヴィニヨンロゼ・アイスワイン [2005]
 ・カベルネ・ソーヴィニヨンで造られたロゼのアイスワイン。ピュアでフルーティー。

[1999]シャトー トゥール・ドゥ・ミランボーセミヨン・ノーブル(貴腐) 375ml
 ・デスパーニュが限られた年のみに作る貴腐ワイン。

パトリック・ボードアン "マリア・ジュビー" [2002] 500ml
 ・ビオの天然甘口ワイン。糖度が高すぎ発酵が遅く低アルコール度数!究極の貴腐ワイン。

PP100の貴腐ワイン シャトー・ティルキュ・ラ・グラヴィエール キュヴェ マダム 

CHティルキュル グラヴィエールキュヴェ マダム [1995] 750ml
CHティルキュル グラヴィエールキュヴェ マダム [1995] 750ml
なんと!!
ロバート・パーカー100点、パーフェクトワインです。


貴腐ワインの産地として有名なのがソーテルヌですが、このワインの産地、「モンバジャック」も貴腐ワインを生産しています。
最近のシャトー・ディケム[2001]がPP100をとっていますが、今やそれが6万円くらいの値段になっていることを考えるとこのワインはかなりお得!!
スポンサーサイト



伝統的食前酒 ピノー・デ・シャラント 

ピノー・デ・シャラント “ピノー・ブリエ・プレスティージ” 350ml
ピノー・デ・シャラント “ピノー・ブリエ・プレスティージ” 350ml
コニャックで愛されている極上食前酒!

ピノー・デ・シャラントはコニャック地方で昔から愛されている食前酒です。発酵させていない葡萄果汁にコニャックを加えて熟成させたもので、まさにコニャックとワインのいいとこ取りのおいしさです。

【テイスティングコメント】
まさにコニャックそのもののような琥珀色をしていて、干し葡萄みたいな心地よい癒し系の香りがします。口あたりにしっかり甘みとアルコールを感じるけどアルコールはきつすぎず、口の中にふくよかな味わいが広がります。ベタベタと甘くはなく喉ごしもいいので、ついつい飲み進んじゃいそうなおいしさです。
アルコールも18%と少し高めではありますが、ワインが14%前後ということを考えるとそれほど高いわけでもないので、結構飲み進んじゃいそうですw

ブランカイア・グラッパ 

[2004] ブランカイア・グラッパ 500ml
[2004] ブランカイア・グラッパ 500ml
年間生産量600本

まさに「感動的に美味い」グラッパです。

アルコール度数は43度。色は琥珀色。

たいへんにアロマティックなグラッパで、同時に精緻なまでに複雑。

アルコールのアタックはやわらかくギスギスしたところが全く見られない。

余韻にはビックリするような鼻から抜ける甘い桃の印象があって、この余韻は驚くほど長く続きます。

(私の場合、テイスティングの際ストレートで2杯飲みましたが鼻腔にその後1時間ほどは、その“甘い桃”の香りが残り続けていました。)

グラッパを飲みつけている方ならば、“甘い桃”と聞いただけで生唾を飲み込んでいるかもしれませんね。

が、さらに補足しましょう。

白系果実やトロピカルフルーツなどの香りを持つグラッパが過度に装飾的に過ぎて、下品な印象を受けることが多い中で、

アルコールの透明度とピシリときまった1本芯の通った味わい。

に何しろ私は惚れ込んだわけです。

(この柔らかさ、女性の方が飲めば“百発百中”で美味しいと感じるはず!)