fc2ブログ
糖度が高い甘口や極甘口のワインはデザートワインと呼ばれ食後や食前酒として飲まれます。 これら、デザートワインでも特に貴腐菌が付いた葡萄を使って作られるワインを貴腐ワインといいます。 また、凍った葡萄を使って作るをアイスワインといいます。これらのワインは糖度が高くとても甘い、極甘口ワインとなります。

デザートワインの産地としてはドイツやフランスのソーテルヌ地方が特に有名です。このサイトではこれら甘口ワインを中心に紹介しています。

貴腐ワイン

貴腐ワインとは腐敗してしまったように見える干しぶどう状態の非常に糖度の高いブドウから造られる最高級の極甘口ワインです。
貴腐ワインはドイツやフランスのソーテルヌ地方、ハンガリーのトカイ(これらの地方で作られる貴腐ワインは世界三大貴腐ワインと呼ばれる。)などの限られた地方でしか作ることが出来ない貴重なデザートワインです。
特にフランスのソーテルヌ地方で作られる貴腐ワインは最高とされています(一番有名な貴腐ワインがシャトーディケム)。
貴腐ワインについて詳しくは→貴腐ワイン

ドイツワイン

ドイツワインは甘口ワインが多いとして有名です。特にトロッケンベーレンアウスレーゼと呼ばれる格付けのワインは世界三大貴腐ワインとしても有名です。ドイツのワインは葡萄の収穫時期により格付けが決まります(詳しくはドイツワインの格付けへ)。また、甘口ワインの種類も豊富で黒猫で有名な「ツェラー シュヴァルツェ・カッツ」などは500円台から手に入れることが出来、日常的にデザートワイン、甘口ワインを楽しむには最適です。また、アイスワインの産地としてもドイツは有名です。

フランスワイン(ソーテルヌ地区)

フランス・ソーテルヌ地区のワインは甘口のデザートワインとして知られており、その産地は世界三大貴腐ワインの産地としても有名です。特に有名なワインとしてはソーテルヌ特別一級のシャトー・ディケムをはじめとする一級のシャトー・リューセック、シャトー・ギロー、シャトー・ラ・トゥール・ブランシュなどがあります。 高い貴腐ワイン、デザートワインでは何万としますが、安いものでは千円台からも買えます。

デザートワインといわれるような甘口、極甘口ワイン、貴腐ワインを飲んだことがありますか? 中には蜜のように甘いワインもあり一度飲んだら絶対そのとりこになります。ぜひ試して見てください。デザートワインはマイナーな部類なので贈り物としてもオシャレですよ?

貴腐ワインを検索



ウェブでワイン管理」のサービスにより表示されています。
よろしかったら使ってみてください。


個人的ブックマーク


管理人が今後買う予定(買おうかな~)と思っているワイン。そのための個人的ブックマークです。

375ml シャトー・ド・ファルグ [2003] ソーテルヌ
 ・イケムそっくりでイケムの価格よりも数段安い人気の高い貴腐ワイン

ウーデンハイマー・キルヒベルク・カベルネ・ソーヴィニオン/アイスヴァイン[2004]
ウーデンハイマー・キルヒベルクカベルネ・ソーヴィニヨンロゼ・アイスワイン [2005]
 ・カベルネ・ソーヴィニヨンで造られたロゼのアイスワイン。ピュアでフルーティー。

[1999]シャトー トゥール・ドゥ・ミランボーセミヨン・ノーブル(貴腐) 375ml
 ・デスパーニュが限られた年のみに作る貴腐ワイン。

パトリック・ボードアン "マリア・ジュビー" [2002] 500ml
 ・ビオの天然甘口ワイン。糖度が高すぎ発酵が遅く低アルコール度数!究極の貴腐ワイン。

[2005] 北海道ワイン・貴腐葡萄39・ケルナー 

[2005] 北海道ワイン・貴腐葡萄39・ケルナー
価格 5,020円


北海道の「鶴沼」で作られる、ドイツスタイルの甘口の白ワインです。

といっても、微妙な甘酸っぱさ――ドイツでいうところのカビネットやシュペトレーゼのクラス――ではありません。

“貴腐葡萄”と書かれているとおり、その甘みはアウスレーゼ以上のクラスと同様のものです。

ワイン名に記された「39」の数字は、貴腐葡萄の使用率。というと、「え? 100%じゃないの?」といわれそうですが、この数字は生産者のこだわりと我慢の限界を示す数字です。

このヴィンテージの収穫は、11月の中旬を過ぎてから。数日後には雪が降り始めるという、ぎりぎりの時期まで我慢して育てた葡萄から作られたのが、このワインです。世界のワイン産地でももっとも積雪の多い「鶴沼」の気候では、貴腐菌がつくのを待って待って――これが限界だったのです。

究極のこだわりを持って生まれたワインの味わいは……蜜と林檎のコンポートを思わせる、甘くかぐわしい香り。香りのきめが細かく、この時点で相当のレベルにあることが感じとれました。

口に含むと濃密な甘みと上品な酸味がからみあう様が、伝わってきます。そのバランスは絶妙なもの。そう、このバランスがこのワインのレベルとクオリティの証です。

余韻に残るふくよかな残り香は、永遠に続くかと思うくらい……。うっとりとしてしまうあと口です。

正直、本場ドイツのワインでも、この品質のものをこの価格帯で探すのは、容易ではないでしょう。
スポンサーサイト