FC2ブログ
糖度が高い甘口や極甘口のワインはデザートワインと呼ばれ食後や食前酒として飲まれます。 これら、デザートワインでも特に貴腐菌が付いた葡萄を使って作られるワインを貴腐ワインといいます。 また、凍った葡萄を使って作るをアイスワインといいます。これらのワインは糖度が高くとても甘い、極甘口ワインとなります。

デザートワインの産地としてはドイツやフランスのソーテルヌ地方が特に有名です。このサイトではこれら甘口ワインを中心に紹介しています。

貴腐ワイン

貴腐ワインとは腐敗してしまったように見える干しぶどう状態の非常に糖度の高いブドウから造られる最高級の極甘口ワインです。
貴腐ワインはドイツやフランスのソーテルヌ地方、ハンガリーのトカイ(これらの地方で作られる貴腐ワインは世界三大貴腐ワインと呼ばれる。)などの限られた地方でしか作ることが出来ない貴重なデザートワインです。
特にフランスのソーテルヌ地方で作られる貴腐ワインは最高とされています(一番有名な貴腐ワインがシャトーディケム)。
貴腐ワインについて詳しくは→貴腐ワイン

ドイツワイン

ドイツワインは甘口ワインが多いとして有名です。特にトロッケンベーレンアウスレーゼと呼ばれる格付けのワインは世界三大貴腐ワインとしても有名です。ドイツのワインは葡萄の収穫時期により格付けが決まります(詳しくはドイツワインの格付けへ)。また、甘口ワインの種類も豊富で黒猫で有名な「ツェラー シュヴァルツェ・カッツ」などは500円台から手に入れることが出来、日常的にデザートワイン、甘口ワインを楽しむには最適です。また、アイスワインの産地としてもドイツは有名です。

フランスワイン(ソーテルヌ地区)

フランス・ソーテルヌ地区のワインは甘口のデザートワインとして知られており、その産地は世界三大貴腐ワインの産地としても有名です。特に有名なワインとしてはソーテルヌ特別一級のシャトー・ディケムをはじめとする一級のシャトー・リューセック、シャトー・ギロー、シャトー・ラ・トゥール・ブランシュなどがあります。 高い貴腐ワイン、デザートワインでは何万としますが、安いものでは千円台からも買えます。

デザートワインといわれるような甘口、極甘口ワイン、貴腐ワインを飲んだことがありますか? 中には蜜のように甘いワインもあり一度飲んだら絶対そのとりこになります。ぜひ試して見てください。デザートワインはマイナーな部類なので贈り物としてもオシャレですよ?

貴腐ワインを検索



ウェブでワイン管理」のサービスにより表示されています。
よろしかったら使ってみてください。


個人的ブックマーク


管理人が今後買う予定(買おうかな~)と思っているワイン。そのための個人的ブックマークです。

375ml シャトー・ド・ファルグ [2003] ソーテルヌ
 ・イケムそっくりでイケムの価格よりも数段安い人気の高い貴腐ワイン

ウーデンハイマー・キルヒベルク・カベルネ・ソーヴィニオン/アイスヴァイン[2004]
ウーデンハイマー・キルヒベルクカベルネ・ソーヴィニヨンロゼ・アイスワイン [2005]
 ・カベルネ・ソーヴィニヨンで造られたロゼのアイスワイン。ピュアでフルーティー。

[1999]シャトー トゥール・ドゥ・ミランボーセミヨン・ノーブル(貴腐) 375ml
 ・デスパーニュが限られた年のみに作る貴腐ワイン。

パトリック・ボードアン "マリア・ジュビー" [2002] 500ml
 ・ビオの天然甘口ワイン。糖度が高すぎ発酵が遅く低アルコール度数!究極の貴腐ワイン。

エゴン・ミュラーシャルツホフベルガー・リースリングカビネット[2005] 


エゴン・ミュラーシャルツホフベルガー・リースリングカビネット[2005]
価格 5,500円

エゴン・ミュラーは、モーゼル・ザール・ルーヴァー地方ザールの中心地、ヴィルティンゲンにある、世界的に有名な醸造家です。 モーゼル地方で随一といわれる“シャルツホーフベルク”の畑の最良部分を所有し、“シャルツホーフベルガー”を世界最高の貴腐ワインの1つとして世に知らしめた偉大な醸造家です。

エゴン・ミュラー家のワインは、カビネット、シュペートレーゼ、アウスレーゼ、ベーレンアウスレーゼ、 アイスワイン、そしてトロッケンベーレンアウスレーゼと、どれも一級品で、最高品質ワインは、ドイツで行われる競売会で常に高額で取引されております。

エゴン・ミュラー家の、古典的で堅く、洗練されたスタイルをもつシャルツホフベルガーは、驚くべきほどの完壁さを持っています。これほどの高品質のワインをいつも生み出しているのは、葡萄の房ごと、粒ごとの厳選に厳選を重ねる収穫技術によるものです。醸造されたワインは年間を通して7℃以下を保つ低温セラーで、全て木樽で熟成されます。入念な仕上げによって、華麗な芳香と気品あふれるワインが造られています。樽に移されてからも、その方針は変わらず、 例えば1984年には80%のワインがエゴン・ミュラー家の名を付けずに バルクワインとして売られ、他にQbAの等級は”ル・ガレ”(エゴン・ミュラー 家が共同経営している醸造所)の名で売りに出された程です。
またエゴン・ミュラー家の所有するシャルツホフベルガー8.5hのうちの半分は信じられないことにフィロキセラ禍以前の樹、つまり樹齢100年以上のリースリングが植えられています。
スポンサーサイト